TAIYO KIKAKU RECRUIT

CAREER

太陽企画が募集する職種をご紹介します。自分にはどの職種が向いているのか、ぜひ参考にしてください。
また、太陽企画にはプロダクション・マネージャーからプロデューサーになる人もいれば、他のキャリアに進む人もおり、能力や志向性によって多様なキャリア形成をサポートしています。 先輩社員の実例を紹介します。

職種

プロデューサー / プロダクションマネージャー

企画から納品まで制作全体を通じ、準備・撮影・仕上げを統括する役割を担う最高責任者がプロデューサーであり、その右腕がプロダクションマネージャー。撮影にいたるまでは、ロケハンやロケ地・スタジオの交渉や手配、オーディション、各スタッフの手配・交渉、現場進行プランの作成などを行う。
撮影現場では、全体の進行管理はもとより、何十人から時に何百人という関係者の仕切りを行い、撮影終了後も編集・納品までの進行管理を担う。単なる「営業」ではなく、スケジュール、予算、そしてクオリティも管理するオールラウンドプレーヤー

プランナー / ディレクター

企画を考案するのがプランナー。
単に「おもしろい」事を考えるのではなくターゲットにどう伝えるか・伝わるかを考え抜き、クライアントの想いやメッセージを映像・広告に『翻訳』する。
企画を更に具体的に・より魅力的にかたちにする演出家がディレクター
映像・撮影・編集技法・音楽・ファッションなどあらゆる知見が求められる。どちらも、CMに限らずWEBやプロモーションやイベントなどシームレスで幅広いアイデアが求められる。

エディター / ミキサー

撮影収録素材を企画意図に沿って定められた時間内におさめつつ、コンマ数秒単位でより「気持ちのいいタイミング」で編集する料理人。
素材を生かすも殺すも編集にかかっている、最後の砦。感覚・センスで「気持ちの良い」空気感を表現する事もあれば、敢えて引っ掛かりを作る事で「なんか気になる」後味を残すことも。単に「コンテ通り繋ぐオペレーター」ではなく、タイミングで表現するクリエーター

CGディレクター / CGデザイナー

MAYA、3dsMAX、CINEMA4D、AfterEffectsなどを使用するCG映像制作において、企画内容に基づき、最適なCG技術や表現を提案するCGディレクションやアートディレクション業務、CG映像全般のクオリティ管理をするのがディレクターであり、デザイン・制作(モデリングからアニメーション、コンポジットまで)のすべての工程を行うのがデザイナー
展示映像、PV、Web、インタラクティブ、3Dマッピングなど、あらゆる映像メディアにおいてのCGデザイン・制作を行う

Webディレクター / Webデザイナー / コーダー

Webサイトの展開、他プロモーションとの連動・ブランドマネジメントなどプロジェクト全体を見据えてトータルディレクションを行いローンチまで導く進行管理兼チームリーダーがディレクターであり、
Webサイトコンテンツにおけるパーツの一つひとつから全体まで、デザインと制作を一括して行うのがデザイナー
デザイナーのデザインを基に、HTMLなどのWEB標準言語を扱ってテクニカルディレクションや実際にコーディングしていくのがコーダー

2017年度新卒採用生紹介ポスター

毎年1年生は入社1ヶ月くらいで全員で自分たちの紹介ポスターを作ります。顔と名前、特徴などを覚えてもらえるよう企画を考え、撮影まで自分たちで行います。

キャリアイメージ

  • 堤麻理子 TSUTSUMI MARIKO
    プロデューサー、チームリーダー
    明治大学卒業。

    2009年 PMとして入社

    2010年-2015年 チーフPM
    ―体力・フットワークの軽さを売りにPMとして経験を積む

    2015年-2016年 アシスタントプロデューサー
    ―自分の存在価値をきちんと示せるようなプロデューサーを目指すべく面白そうな仕事はなんでもやってみた

    2016年- プロデューサー(2017年よりチームリーダー兼務)
    ―広告という役割をしっかりアウトプットに反映させられるような仕事を心がけながら現在に至る

    最近の仕事:MILBON Find Your Beauty、CITIZEN wicca、SUNTORY 集中リゲイン・PEPSI、そごう西武、YouTube funfest2016 PPAP、超特急 gr8est journey MV

    コメント
    映像や広告に詳しくなくても良いと思います。積極的に「考える」ことのできる人がこの業界には必要だと思います。自分が何かを変えるんだという気持ちでやれる人と一緒に仕事したいです。

  • みしまわかな MISHIMA WAKANA
    ディレクター
    武蔵野美術大学卒業。

    1999年 CGデザイナーとして入社

    1999年- CGルーム3DCGデザイナー
    ―CM・MVのCG・VFXを数多く担当。

    2005年- 企画演出部に転部
    ―ディレクターとしてCMを主に手掛けている。

    現在育休中で、0歳の育児に奮闘する日々。

    コメント
    各分野のプロフェッショナルが集まって、ひとつの目標に向かって一緒に映 像を作り上げていく。そのいちばん近くで関われる会社です。
    日々変わる世情を反映した映像と共に、自分達も成長していける面白い仕事だと思います。

  • 前田径成 MAEDA MICHINARI
    エディター、ディレクター
    会津若松出身。

    2009年 PMとして入社

    2009年- PM
    ―ディレクター、カメラマン、照明、美術、編集など分業化された広告映像業界。どれか一つを選ぶことができず全ての作業に関われる制作部を選びました。

    2012年- エディターに転身
    ―制作部を続くけていく中でオフライン編集に興味を持つ。制作業務の合間でメイキング映像の編集からスタート。周囲の人にも編集をやりたいと売り込み、Webムービーの編集も始める。二足の草鞋を一年経て、正式にエディターに転向。

    エディティング・ディレクターとして「愛のある編集」をモットーに日々活動中!!

    最近の仕事:VICTAS、CCJC、NISSAN上海、YAMAHA

    コメント
    制作部で入社し、4年目からエディターとして活動しています。制作部の時から自分でカメラを回したり、メイキングを繋いでみたりと、職種にとらわれず仕事していたおかげで、自分のやりたいことを見つけました。皆さんも、興味のあることには挑戦し、可能性を広げて頑張ってください。