NEWS

短編映画『冬子の夏』の制作を担当。1月29日(日)開催「第21回 伊参スタジオ映画祭」にて初上映が決定!


 

映画制作を担当した 短編映画『冬子の夏』が、2023年1月28日(土)・29日(日)に開催される「第21回 伊参(いさま)スタジオ映画祭」にて初上映が決定いたしました。

注⽬の若⼿俳優・豊嶋花さんと⻑澤樹さんがダブル主演を務める本作は、群⾺県中之条町を舞台に、⾃然豊かな環境に囲まれ、伸び伸びと、けれど繊細に⾼校3年⽣の夏を過ごす⼆⼈の姿を描く⻘春物語です。⾼校最後の夏、進路を決められぬまま、ダラダラと過ごす主⼈公・冬⼦を豊嶋花さん、冬⼦の唯⼀の理解者である親友・ノエルを⻑澤樹さんが演じ、舞台である群⾺県中之条町(旧六合村)出身の関太さん(タイムマシーン3号)もクラス担任役で出演されています。

企画/脚本を、本作で2020年度「伊参スタジオ映画祭シナリオ⼤賞」短編の部のグランプリを受賞した新進気鋭のシナリオライター煙⼭夏美さんが担当し、CMディレクターとしても活躍中の⾦川慎⼀郎さんを監督に迎えて制作した『冬子の夏』。この度「第21回 伊参スタジオ映画祭」にて初上映となります。
 
 

< 上映概要 >

・イベント名:「第21回 伊参(いさま)スタジオ映画祭」
・映画タイトル:短編映画『冬子の夏』
・上映日時:2023年1月29日(日)14:30〜
・上映時間:本編 約20分+上映後 ゲストトークショー
・登壇ゲスト:煙山夏美さん[企画・脚本]、金川慎一郎さん[監督]を予定
・開催場所:バイテック文化ホール(中之条町文化会館)
      〒377-0425 群馬県吾妻郡中之条町大字西中之条135
・チケット:1,500円(当日券のみ/定員320名)
・「伊参スタジオ映画祭」Webサイト:https://isama-cinema.jp/isama2023/main2023.html
・タイムテーブル:https://isama-cinema.jp/isama2023/time2023.html
・短編映画『冬子の夏』公式Twitter:@huyukononatsu

 
 

■ あらすじ

高校最後の夏。進路を決められぬまま、ダラダラと過ごす主人公・冬子。そして唯一の理解者である親友・ノエル。進学するのか、しないのか。この街を出るのか、出ないのか。騒がしい周囲に反するように、あえてのらりくらりと日々を送る二人だったが、行く末を定めつつあるノエルの様子に、苛立ちや焦りを募らせる冬子。行き着いた満開のヒマワリ畑で、二人は大きな岐路を迎えるーー。
 

■ CAST・STAFF

出演:豊嶋花、長澤樹、朝日琢磨、松澤可苑、鎌田らい樹、北畑光希、関太(タイムマシーン3号)ほか

 

企画/脚本:煙山夏美
監督:金川慎一郎
撮影:笠松則通
照明:岩下和裕
録音:佐藤悠
美術:古本衛
編集:二宮卓
VFXスーパーバイザー:入野俊郎
監督補:鈴木雄大
ドローンオペレーター:川角崇成
監督助手:武中志門、中口実咲
助監督応援:荒木孝眞
撮影助手:大和太
特機:上野隆治
照明助手:鈴木敏雄
美術助手:横田ひとみ
美術助手:萩原夕紀
スタイリスト:望月恵
ヘアメイク:宮崎智子
車両部:安藤佳津夫、左藤啓介、野沢建、梶浦雅斗、堀部光弘、種田昇平、谷涼太、牛山大樹
キャスティング:石垣光代、Shimana、村井祐介
VFX:二階堂正美
VFXコーディネーター:寺田良
カラーグレーディング:唐澤悠真
翻訳:小川愛
音楽:galcid(齋藤レナ)、齋藤久師
音楽監督:福島節
音楽制作進行:原田瞳
コンポジター:近藤剛
 
プロデューサー:松本章伯
アソシエイトプロデューサー:松岡周作
制作担当:吉村佑馬
制作主任:丸山陽介、垂木宙也
制作進行:齋藤すみれ、畑瀬雅矢
制作応援:木村昌嗣、天利英理子、吉田あんじゅ、関力男
 
<キービジュアル制作>
クリエイティブディレクター:礒部滋
プロデューサー:宮武佑弥
アートディレクター:古谷萌
コピーライター:永岩亮平
ヘアメイク:松川達弥
スチール:島村朋子
メイキング/タイトルデザイン:西山勲
 
協力:群馬県中之条町、伊参スタジオ映画祭実行委員会、上毛新聞社、新宿美術学園 ほか
製作:冬子の夏 製作委員会
制作:太陽企画株式会社
©︎2023『冬子の夏』製作委員会

 
 


《 本件に関するお問合せ・取材申込み 》
太陽企画株式会社 広報室(担当:菊地)| PR@taiyokikaku.com

 
 

News Index