NEWS

第9回【BOVA(Brain Online Video Award)】一次審査員を、TOKYOディレクターの大柿鈴子が担当。

弊社のディレクター大柿鈴子(TOKYO)が、オンライン動画コンテスト【第9回 BOVA(Brain Online Video Award)】にて、一次審査員を担当させていただきます。

 
 
 

大柿鈴子/TOKYO ディレクター

入社2年目のときに、私もBOVAに自分で企画した映像で応募して企業協賛賞をいただきました。
TVCMと違い、尺の規定もない中で、アイデアに対してどうタイムラインを作るのか、見る人を離脱させないのかディレクターとしてもすごく勉強になりました。
普段のクライアントワークでは中々できない、
コンペだからこそ飛躍できるアイデアがあると思うので、私も審査できるのを楽しみにしています。

▼大柿鈴子BOVA応募作品:
メニコン『私はキレイでいたい』/第4回 BOVA 協賛企業賞受賞
https://www.youtube.com/watch?v=q5YCwWpKHEM

▼プロフィール
1992年千葉県出身。
2017年~18年にTBWA\HAKUHODO出向。
出向の経験を生かし、CM・MVの企画から演出までを手がけることも多い。
グローバル案件やInstagramなど、グラフィカルでノンバーバルな表現を得意とする。
2017年メディア芸術祭アート部門審査員推薦作品、 BOVA 一般公募部門協賛企業賞、リマーカブルディレクター・オブ・ザ・イヤー 黒田明賞 他受賞。

 

For More Information:
▷BOVA審査員: https://bova.co/9th/judge
▷TOKYO 大柿鈴子: http://lab.tokyo.jp/creative/suzuko-ohgaki/

BOVA(Brain Online Video Award​)>とは

映像制作業界の活性化と、これからの時代を担うオンラインビデオクリエイターの発掘と育成を目指し、宣伝会議の月刊『ブレーン』が2013年より実施する、オンラインに特化した動画コンテストです。
News Index