NEWS

CINEMORE オンライントークイベント第二弾『メディアを超える映画監督』が、8月31日(火)に開催決定!

 

弊社が運営する、映画WEBマガジン【CINEMORE(シネモア)】のオンライントークイベント第二弾として『メディアを超える映画監督』を、2021年8月31日(火)に開催することが決定いたしました。

本イベントは、これまで映画の作り方について特集してきた「CINEMORE ACADEMY」がオンラインイベント化したもので、前回6月30日(水)に開催された「映画はこうして作られる!〜メジャー映画と作家性〜」の回では、映画監督の内田英治氏/ 藤井道人氏/ 本広克行氏/ 行定勲氏がゲスト出演し、視聴者の皆様から大変ご好評を頂きました。
第二弾となる今回のゲストは、映画・ドラマ・CM・舞台と、表現の場を横断して活躍する映画監督の大根仁氏と吉田大八氏が出演。ヒットを生み続けるクリエイターの姿に迫ります!
イベントMCを務めるのは、同メディアで数多くの映画監督インタビューを重ねてきた、CINEMORE編集長・香田史生です。どうぞお楽しみに!
尚、イベント配信は、YouTube LIVEにてどなたでも無料でご覧いただけますが、視聴アドレスを受け取るための事前登録が必要となります。ぜひ、イベント参加に向けてご登録お願いいたします。

詳細は、公式サイトのイベントページをご参照ください。

 

【配信概要】

■ イベントページ:https://cinemore.jp/jp/news-feature/2119/article_p1.html
■ 日時:2021年8月31日(火) 19:00開始〜20:30終了予定
■ 配信方法:YouTube LIVEでの配信を予定しています。
■ 視聴方法:どなたでも無料でご覧いただけます。視聴アドレスはCINEMOREのメールマガジン配信システムから送
付します。登録がお済みでない方は事前に登録(無料)をお願いします。
■ 登録ページ:https://cinemore.jp/jp/news-feature/1846/article_p1.html ※締切:8月30日(月)正午
■ ゲスト: 大根仁/ 吉田大八[50音順/ 敬称略]
■ MC:香田史生(「CINEMORE」編集長)
■ 番組製作:太陽企画株式会社

 

■イベントコンセプト■

「映画の面白さを伝えたい」

CINEMOREでは、そんな思いと共にこれまで色んな映画を紹介してきました。しかし、コロナ禍によって、映画館に行くことが叶わないという信じがたい事態が発生し、何とか営業再開できた今も、映画館によっては閉館を余儀なくされるような状況のところもあります。

映画業界が逆風にさらされているこの状況を打破するために何が出来るか?
方法は様々ありますが、私たちに出来ることは、映画の面白さを愚直に伝え続けることではないかと考えました。これまで以上に、映画の面白さを伝えていく。それが私たちに出来るベストな方法ではないかと。

そのために、WEBサイト上の記事に加えて、オンラインでのイベントを実施。リアルな声をライブで届けることで、映画への熱い思いを皆で共有し、映画の面白さを再認識してもらおうと思っています。
こんな時だからこそ、映画の面白さを伝えたいのです。

 

■GUEST■

映画監督:大根仁

1968年生まれ東京都出身。映画監督・映像ディレクター。テレビドラマ『モテキ』『まほろ駅前番外地』『共演NG』などの話題作を数多く手掛ける。2011年劇場版『モテキ』で映画監督デビュー。その他の作品に『バクマン。』『SCOOP』『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』『SUNNY 強い気持ち・強い愛』など多数。2019年に外部演出家として初めてNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に参加。『モテキ』で第35回日本アカデミー賞話題賞作品部門、『バクマン。』で第39回日本アカデミー賞優秀監督賞、第25回日本映画批評家大賞監督賞など多くの映画賞を受賞。現在は長編アニメを制作中。


映画監督:吉田大八

1963年生まれ。大学卒業後、現在に至るまでCMディレクターとして活動。2007年「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」で長編映画デビュー。第60回カンヌ国際映画祭の批評家週間部門に招待された。「桐島、部活やめるってよ」(12)で第36回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞受賞。最新作は「騙し絵の牙」(21)。舞台では「ぬるい毒」(13)脚本・演出、「クヒオ大佐の妻」(17)作・演出。ドラマ監督作品に「離婚なふたり」(テレビ朝日19)がある。直近ではAmazon Musicの短編プロジェクト「Music4Cinema」のうち「No Return」(21)を監督した。

 

 

■MC■

「CINEMORE」編集長:香田史生

CINEMOREの編集部員兼ライター。映画のめざめは『グーニーズ』と『インディ・ジョーンズ魔宮の伝説』。最近のお気に入りは、黒澤明や小津安二郎など4Kデジタルリマスターのクラシック作品。

 

 

<注意事項>

以下の注意事項をご了承の上、ご参加いただきますようお願い申し上げます。
※やむを得ない事情によりゲストが変更・欠席、またはイベントが中止となる場合もございます。
※本イベントはトークセッションが中心であり、映画の上映はありません。
※イベント配信中の模様(※YouTube LIVEへのコメント投稿等含む)を撮影した動画・写真や、記録した内容を、CINEMOREの広告宣伝・広報活動(サイト/SNSへの掲載含む)に使用させていただく場合があります
※イベント配信中の模様(※YouTube LIVEへのコメント投稿等含む)を、主催者、取材メディアによる写真や動画撮影が行われる可能性もあります。それらは、CINEMOREの広告宣伝、広報活動、取材メディアによるテレビ/新聞/雑誌/WEBなどへの露出/掲載をされる可能性もあります。
※本イベントは、自治体の新型コロナウイルス感染対策にのっとって配信を実施しています。

 

■【CINEMORE(シネモア)】とは
映画を深掘りして紹介する映画愛に溢れたWEBマガジン【CINEMORE(シネモア)】。
・WEBサイトURL:https://cinemore.jp/jp/
・Twitter:@cinemorejp
・Facebook:https://www.facebook.com/cinemore.jp
・Instagram:cinemore_official

PDF版のダウンロードはこちらから
News Index