NEWS

「劇場版 ごん - GON, THE LITTLE FOX -」/新フライヤーでコメント掲載&新情報公開!

2/28より【アップリンク吉祥寺】にて、一週間限定上映!

各界の皆さまから頂いたコメントをご紹介

弊社のコンテンツクラフトチームTECARATが製作した、最新ストップモーションアニメーション作品『劇場版 ごん - GON, THE LITTLE FOX -』の
新フライヤーが完成致しました。

『劇場版 ごん - GON, THE LITTLE FOX -』は、新美南吉氏の傑作童話「ごんぎつね」に独自の表現を加え、短編ストップモーションアニメーションとして映像化した作品です。企画開始から約2年半、撮影に約10ヶ月もの時間を費やした本作では、八代のこだわりである「芸術品のような美術セット」も見どころの1つとなっております。

 

<上映情報>

・タイトル:「劇場版 ごん - GON THE LITTLE FOX -」
・内容:本編28分+アフタートーク  ※詳細は、公式サイトなどでお知らせいたします。
・期間:2020年2月28日(金)より一週間限定公開
・劇場:アップリンク吉祥寺 https://joji.uplink.co.jp/
・公式サイト:http://gon-cinema.jp/

<『劇場版 ごん - GON, THE LITTLE FOX -』>

[トレーラー]

https://youtu.be/1HfWZy0Hp7s

 

[あらすじ]

昔あるところに、いつもいたずらばかりしている小ぎつねのごんがいました。
ある日、兵十(ひょうじゅう)が川で捕ったウナギを、ごんはいたずら心で逃がしてしまいました。
実は、そのウナギは病気になった母に食べさせようとしていたものでした。
母が亡くなって落ち込む兵十をみて、ごんは罪滅ぼしに栗や松茸を届けるようになるのですが…

 

[イントロダクション]

ほとんどの小学校の教科書に載っている「ごんぎつね」。
同作には、普遍的なテーマである、自然と人間との厳粛な関わりが描かれています。
心に響く、切なくも優しい物語。
そして美しく豊かな日本の自然、慎ましやかな人々の暮らし、季節や年月の巡り。
ごん達の細やかな動きに加え、物語を彩る情景を一コマ一コマ、丁寧に撮影しました。
世界五十ヶ所以上の映画祭上映や、多くの受賞歴をもつストップモーション・アニメーション作品
「ノーマン・ザ・スノーマン」等と同じスタッフが再び結集して、つくりあげました。

 

[本編/社内スタッフ]

監督・脚本:八代健志(TECARAT)
美術・木彫・アニメート:八代健志(TECARAT)
美術・撮影監督:能勢恵弘(TECARAT)
美術・撮影:中根 泉(TECARAT)
美術:根元緑子(TECARAT)
美術・人形:廣木綾子(TECARAT)
衣装・造花:田中くに子(TECARAT)
撮影補助:福田健人(Creative Tank)
現場進行・広報・記録:加倉井芳美(TECARAT)
メインコンポジター:二階堂正美(+Ring)
コンポジター:波多野純(+Ring)
制作補:野口忠一(R&D)、久保田明里(TOKYO)、川口雄輝、川尻裕太郎、宮坂健太
制作協力:江口航治、谷渕新吾、高橋 剛(+Ring)、ユゲアン(R&D)、前田忠孝(PSC)、森下なつみ、高山由菜(Unit5)、村上大樹
撮影プラン:宇埜 良(TECARAT)
ライカリールエディター:豊永玲
グラフィックデザイン:佐藤晴美(school)
海外配給・宣伝:阿久津敏(R&D)
エグゼクティブプロデューサー:犬竹浩晴
プロダクションマネージャー:大石基紀(Unit1)
プロデューサー:及川雅昭(TECARAT)
制作・著作:太陽企画、エクスプローラーズ ジャパン

 

[フライヤー/社内スタッフ]

デザイン:佐藤晴美(デジタルコミュニケーションチーム)
コピー・テキスト:横溝美央(ビジネスデザインセンター)

<八代健志 プロフィール>

1969年 秋田県生まれ。1993年 東京芸術大学デザイン科卒業
太陽企画にて、CMディレクターとして実写を中心に活動する傍ら、様々な手法のストップモーションアニメーションを扱ってきた。
2012年から本格的に人形アニメーションの制作を開始。2015年、太陽企画内にアニメーションスタジオTECARAT(テカラ)を立ち上げ、現在は人形アニメーションを軸足に活動している。
脚本・監督とともに、美術制作、アニメート、木彫による人形造形なども手がける。
手から作り出される美術の素材感を大切にして、ストップモーションアニメーションならではの映像を目指している。

News Index